ファッション

「タイメックス」が日本代理店との契約を終了

 DKSHジャパン(東京、マイケル・ロフラード社長)は12月31日をもって、アメリカの時計ブランド「タイメックス(TIMEX)」の代理店業務を終了する。同社によると、「最終出荷は12月26日で、同日までに出荷できない注文については、代理店権消失に伴いキャンセルとなる」という。

 同社によると、「2018年から契約更新の交渉を続けてきたが、合意に至らなかった」という。DKSHジャパンは、スイスの高級時計ブランド「ボヴェ(BOVET)」や「ローラン・フェリエ(LAURENT FERRIER)」などの代理店も務めるが、「タイメックス」は同社の主力ブランドだった。

 DKSHジャパンは02年から「タイメックス」の輸入代理店を務め、「ビジネスを約2倍に成長させた」。同社に代わる日本の代理店については、「タイメックス社が調整中で、未定」だという。製品保証およびアフターサービスについては、次期代理店決定までDKSHジャパンが対応する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら