ファッション

ドイツ時計「チュチマ・グラスヒュッテ」がモントレックスを日本の新パートナーに

 ドイツの時計ブランド「チュチマ・グラスヒュッテ(TUTIMA GLASHUTTE)」が、時計の輸入代理店モントレックス(東京、清水貢・社長)と9月20日に代理店契約を結んだ。日本国内ではこれまで、時計や文房具を手掛けるダイヤモンドが輸入代理店を務めていた。

 日本での主な販路は時計専門店で、中心価格帯は25万~30万円。清水社長は「内外価格差は5〜8%、大きくても10%にとどめ認知度を高めたい」と語り、現在15ある同ブランドの取り扱い店舗数を20に増やすという。ただし百貨店への進出については、「考えていない。機械式時計ファンを中心に、堅実にビジネスをしたい」と述べた。

 同ブランドは、1845年にドイツ・グラスヒュッテに創設された時計工場を前身に持つ。1927年に新会社が設立され、現在の社名でもあるTUTIMAを名乗るようになった。語源はラテン語のTUTUSで、“安全な”“守られた”を意味し、懐中時計全盛の時代に腕時計が安全であることをアピールするために命名された。第2次世界大戦時にはドイツ軍にクロノグラフを納入し、80年代にはNATO軍唯一の公式パイロットウオッチサプライヤーとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら