ファッション

ドイツ時計「チュチマ・グラスヒュッテ」がモントレックスを日本の新パートナーに

 ドイツの時計ブランド「チュチマ・グラスヒュッテ(TUTIMA GLASHUTTE)」が、時計の輸入代理店モントレックス(東京、清水貢・社長)と9月20日に代理店契約を結んだ。日本国内ではこれまで、時計や文房具を手掛けるダイヤモンドが輸入代理店を務めていた。

 日本での主な販路は時計専門店で、中心価格帯は25万~30万円。清水社長は「内外価格差は5〜8%、大きくても10%にとどめ認知度を高めたい」と語り、現在15ある同ブランドの取り扱い店舗数を20に増やすという。ただし百貨店への進出については、「考えていない。機械式時計ファンを中心に、堅実にビジネスをしたい」と述べた。

 同ブランドは、1845年にドイツ・グラスヒュッテに創設された時計工場を前身に持つ。1927年に新会社が設立され、現在の社名でもあるTUTIMAを名乗るようになった。語源はラテン語のTUTUSで、“安全な”“守られた”を意味し、懐中時計全盛の時代に腕時計が安全であることをアピールするために命名された。第2次世界大戦時にはドイツ軍にクロノグラフを納入し、80年代にはNATO軍唯一の公式パイロットウオッチサプライヤーとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。