ニュース

時計「タイメックス」の国内新パートナーはウエニ貿易

 ウエニ貿易(東京、宮上光弘社長)はアメリカの時計ブランド「タイメックス(TIMEX)」の日本における独占輸入販売権を取得し、2月3日から扱いを開始する。同ブランドの同権利は2019年12月31日までDKSHジャパン(東京、マイケル・ロフラード社長)が所有していた。修理については3月31日まではDKSHジャパンが、4月1日からはウエニ貿易が請け負う。

 ウエニ貿易は、ドイツ時計の「ツェッペリン(ZEPPELIN)」や英国時計の「ヘンリーロンドン(HENRY LONDON)」などの代理店も務め、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」の時計も扱う。また、オリジナルブランドの「エンジェルハート(ANGEL HEART)」なども販売する。ウエニ貿易の売上高は482億円(19年8月期)。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら