ファッション

時計「タイメックス」の国内新パートナーはウエニ貿易

 ウエニ貿易(東京、宮上光弘社長)はアメリカの時計ブランド「タイメックス(TIMEX)」の日本における独占輸入販売権を取得し、2月3日から扱いを開始する。同ブランドの同権利は2019年12月31日までDKSHジャパン(東京、マイケル・ロフラード社長)が所有していた。修理については3月31日まではDKSHジャパンが、4月1日からはウエニ貿易が請け負う。

 ウエニ貿易は、ドイツ時計の「ツェッペリン(ZEPPELIN)」や英国時計の「ヘンリーロンドン(HENRY LONDON)」などの代理店も務め、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」の時計も扱う。また、オリジナルブランドの「エンジェルハート(ANGEL HEART)」なども販売する。ウエニ貿易の売上高は482億円(19年8月期)。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら