ファッション

「オニツカタイガー」から新たなラグジュアリーライン 新生渋谷パルコのコンセプトストアで販売

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」は新たなラグジュアリーライン“ジ・オニツカ(THE ONITSUKA)”を発表した。また、11月22日にリニューアルグランドオープンを迎える渋谷パルコの3階に初のコンセプトストア、オニツカ渋谷パルコストアをオープンする。同ラインは同22日からオニツカ渋谷パルコストアと公式ECサイトで取り扱う。

 “ジ・オニツカ”のシューズはドレスシューズとスニーカーを融合し、フォーマルからカジュアルまでさまざまなスタイルに合うデザインが特徴。主な素材には、上質なレザーブランドの「神戸牛レザー」を使用し、ソールのかかと部分には衝撃緩衝性の高い素材を用いて心地よい履き心地を実現した。アウトソールには、耐久性とクッション性に優れるラバースポンジを採用したシャークソールを用いた。シューズのほかに、同素材を用いたバッグやスモールレザーグッズも展開する。価格帯は4〜6万円。

 オニツカ渋谷パルコストアでは、同ラインのキーカラーであるホワイト、チャコールブラック、レッドの3色を基調に、モダンで洗練された世界観を表現した。

 また2020年3月にはニューヨークに同ラインのコンセプトストアをオープンする予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら