ファッション

「ケンゾー」が世界初のキッズイベントを大阪で開催 スタンプラリーや写真撮影会も

 「ケンゾー(KENZO)」は初のキッズ向け体験型ポップアップストア「KENZO FAMILY PARK」を阪急うめだ本店3階コトコトステージで6日〜12日に開催中だ。キッズコレクションのプロモーションイベントは世界初の試み。

 店内には4〜10歳を対象にした2019年秋冬のキッズコレクションが並び、併設の遊び場にはボールプールとすべり台、ワークショップスペースを設置。来店者全員が利用でき、無料でオリジナル缶バッジ作りのワークショップに参加できる(毎日先着50人)。ワークショップは毎日11〜18時随時開催しており、缶バッジに描かれたモチーフ柄に色を塗ってプレスするという内容だ。9、10日の10〜14時と15〜17時には、プロカメラマンによる無料の写真撮影会も行う(各回先着15名)。

 また期間中にはスタンプラリーを開催。阪急うめだ本店3階の「ケンゾー」とコンセプトショップのケンゾー ポップ(KENZO POP)、11階のベビー・子供服売り場、メンズ館2階の2つの売り場を回り、ゴールであるコトコトステージで3つめのスタンプを集めるとオリジナル缶バッジをゲットすることができる。抽選で5人にケンゾーキッズTシャツがプレゼントし、キッズアイテムの購入者へのノベルティーとして塗り絵セットを用意する(先着150人)。

 ポップアップストアをウィメンズファッションフロアで開催したのは、ウィメンズ、メンズコレクションと連動することでキッズコレクションの認知度を高めるのが狙いだ。「お子さまだけでなく親子やご家族みなさんで楽しめる空間を提供することで、まだケンゾーのキッズラインを知らない層にもアピールしていきたい」とPR担当。コトコトステージに併設するケンゾー ポップは、阪急うめだ本店限定の店舗で、「ケンゾー」19-20年秋冬のメンズとウィメンズコレクションのウエアと雑貨をそろえ、よりポップな世界観を打ち出している。ブランドアイコンのタイガーやロゴモチーフのスエットなどの人気シリーズは、キッズコレクションでも扱い、親子ペアルックを楽しめる。

 「ケンゾー」キッズの今秋冬物は、鮮やかな花のモチーフが印象的な“ジャパニーズフラワー”シリーズと、スーパーヒーローやコミックがテーマの“KENZOロゴ”シリーズ、アニメマル柄の「クレイジージャングル」シリーズから構成され、カラフルで遊び心あふれるデザインだ。

 現在、キッズラインも含めた直営店はギンザ シックス店、ジャイル表参道店、JR名古屋高島屋店の3店舗のみ。「阪急うめだ本店は外国人観光客も多く、アジアに向けたブランド発信の拠点になると考えている」(PR担当)。

■KENZO FAMILY PARK
会期:11月6〜12日(火)
場所:阪急うめだ本店3階コトコトステージ
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

■オリジナル缶バッジ作りのワークショップ
会期:11月6〜12日(火)
時間:11:00〜18:00
定員:各日先着50人

■写真撮影会
会期:11 月 9 、10 日
時間:10:00〜14:00/15:00〜17:00
定員:各回先着 15 人

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら