ファッション

「ナイキ」とトム・サックスの名作スニーカーがベビー&キッズサイズになって登場

 発売の度に争奪戦が起こる「ナイキ(NIKE)」と現代芸術家のトム・サックス(Tom Sachs)によるコラボスニーカーが、ベビー&キッズサイズになって10月9日に発売される。

 今回発売されるのは、17年の“ナイキクラフト マーズヤード 2.0(NIKECRAFT MARS YARD 2.0)”と、19年の“マーズ ヤード オーバーシュー(MARS YARD OVERSHOE)”を模したスニーカーで、どちらもソールが本来のスニーカーより柔軟なものに変更されているほか、履きやすさを考慮したベルクロ仕様になっている。

 これらのスニーカーはトムの息子でありチームメンバーでもあるガイ・ルイ・アームストロング・サックス(Guy Louis Armstrong Sachs)のために製作されたもので、今回のビジュアルにはモデルとして登場している。

 価格は“マーズ ヤード オーバーシュー”のベビー用が6000円、“ナイキクラフト マーズヤード 2.0”のベビー用が6000円、キッズ用が9000円。公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や一部取り扱い店舗で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら