ファッション

グッチの奨励金プログラム、ファイナリスト11人がデザインチーム参加へ

 グッチ(GUCCI)はこのほど、新しい人材育成のための多文化デザイン奨励金プログラムのファイナリストの中から11人の学生デザイナーを選出した。選ばれた学生は2020年3月から1年間「グッチ」のデザインチームに参加する。

 同プログラムは「グッチ」のダイバーシティー&インクルージョンイニシアティブの一環として今年の3月に誕生した。ガーナ、南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、インド、中国、日本、韓国、ドバイ、アメリカ、メキシコの11カ国の11のファッションスクールと提携して実施する12カ月集中プログラムで、才能ある人材の正規雇用機会を拡大し、職場のダイバーシティーとインクルージョン化を進めることを狙いとする。日本からは文化服装学院が参加した。

 各学校からデザインコンペティションで選出された合計50人のファイナリストは1週間イタリアに滞在し、ローマとフィレンツェで「グッチ」のデザインチームを訪れた。そして今回ファイナリストの中からデザインチームに参加する11人が発表された。

 マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)社長兼最高経営責任者は、「ファッション業界は限られたパイの中から人材を探しがちなため視野を広げる必要がある。異なる文化に触れることがブランドを繁栄させるために最善の方法だ。そして、面接だけで多様性を実現することは不可能だろう。私たちはこの11人のデザイナーをチームに迎え、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターの近くで経験を積んでもらう。彼らは物事に疑問の目を向け、創造性を推進する役割を果たしてくれるだろう」とコメントした。

 「グッチ」は7月にDE&I(ダイバーシティー、エクイティ、インクルージョン)のグローバルディレクターにルネ・E・ティラード(Renee E. Tirado)を起用。地域にとらわれないさらなる多様性の促進に力を入れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら