フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.13 「開催時期が早い、遅いの問題ではない」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天にかわって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。。今回は「ジュン オカモト(JUN OKAMOTO)」「モトヒロタンジ(MOTOHIRO TANJI)」「ユハ(JUHA)」「ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)」「ナンバー(NO.)」が登場。

JUN OKAMOTO
岡本順デザイナー

 過去に東コレに参加し、多くの方に見てもらえてブランドの世界観を知ってもらえたところはよかったです。しかし現在は展示会を早めるブランドが国内で大半を占めてきており、現在のスケジュールのままで参加するのは難しいかなと思います。

MOTOHIRO TANJI
丹治基浩デザイナー

 東コレでショー形式の発表をし、PR効果はありました。開催時期や参加費、取材メディアの質やバイヤー誘致などで改善は必要ですが、また参加したいとは考えています。

JUHA
武長遼デザイナー

 今後は海外展開を進めるためにスケジュールの前倒しがブランドとして必要になります。現在の東コレの開催スケジュールでは、仮に参加してもバイヤーに展示会でアイテムを先に見せてから、ショーを行う順番になってしまいます。ブランドの提案をより強く伝えるためには、ショーを見てから展示会に来てもらう日程が理想です。

YUKI HASHIMOTO
橋本祐樹デザイナー

 東コレには参加したいです。しかし日本に帰国して間もないので、ショーを行うために必要な演出家やクリエイターにまだ出会えていないません。これからブランドが成長するとともにさまざまな人と仕事をする機会も増えていくはずなので、ショーのビジョンが具体的に見えてきたら東京でランウエイショーを開きたいです。

NO.
一宮武史ディレクター

 ファッション業界で目まぐるしく変化していく中で、東コレの開催時期が早い、遅いの問題ではなく、従来通りのスケジュールから変わろうとする姿勢がないことが問題。また渋谷ヒカリエなどショーに不向きな場所が公式会場ではブランドの個性が出せないのでは。