ビジネス

ルックHDが「デンハム」日本法人の株式を譲渡

 ルックホールディングス(HD)は1日、ジーンズブランド「デンハム(DENHAM)」を日本で販売するデンハム・ジャパン(東京、根岸洋明社長)の保有株式80.1%をオランダのデンハム・グループ(DENHAM GROUP)に9月30日付で譲渡したと発表した。同時に10月1日付で業務提携を結び、デンハム・ジャパンの運営する事業の一部を支援するとしている。

 2016年春、ルック(当時)はデンハム・グループと合弁会社デンハム・ジャパンを設立し、日本での独占輸入販売とライセンス生産・販売を行ってきた。現在は代官山の路面店をはじめ、百貨店やファッションビルに22店舗、アウトレットモールに3店舗を運営している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら