ビューティ

美容師から整体師、占い師まで 横のつながりを意識したシェアサロン「クノア」が青山に誕生

 クノアは10月1日、さまざまな業種のプロが集まる複合型シェアサロン「クノア(Qnoir)」の1号店を東京・北青山にオープンした。また同時に、サロンと連携したアプリ「クノア」をリリースした。シェアサロンといえば、フリーランス美容師をメインとした「ゴウトゥデイ シェア サロン(GO TODAY SHAIRE SALON)」が2億6000万円の資金調達を行って話題となるなど、美容師のフリーランス化とともに注目を集めている。

 「クノア」の特徴は複合型で、美容室ゾーンだけではなく、エステゾーン、スタジオゾーン、ネイル・まつげエクステゾーンといったさまざまな施設が一つのサロンに入っていることだ。また働くスタッフは、美容師やネイリストをはじめ、ヨガやエステ、整体、語学、占いまで多様な業種のプロが集まっており、いそがしい人でも一カ所で希望のサービスを受けられる。また所属するプロが顧客を紹介しあうことができるようにコミュニティーづくりにも注力していく。

 「クノア」はプロも一般のお客さまも24時間365日いつでも利用可能で、プロは専用のスマホアプリに働きたい日時を登録し、「集客・予約管理・決済」はクノアがトータルでサポートする。所属するには面談が必要。プロ側の利用料金は、登録料1万円と月会費5万円+月の手数料として売り上げの20%がかかる(12月31日まではオープンキャンペーンを実施中)。開業するよりも初期費用を低く抑えて独立できる。お客にとっても面談を受けたプロ集団であることから、安心感が持てる。

 クノアの角田千佳取締役は、CtoCでのスキルシェアをメインサービスとしたエニタイムズ(ANYTIMES)の社長を務めており、そこで美容へのニーズが高かったことから今回「クノア」のサービスを思いついたという。「エニタイムズでも美容サービスはあったが、ただ個人同士で家に行くということに抵抗を持つ人が多かった。それならシェアサロンという場を作った方がいいと考えた」。また、いそがしい人からは、ヘアもネイルもヨガも一つの場所でやりたいといったニーズも高いことから、「複合型のシェアサロンとして、お子さま連れで来店できるようにも考えている。また美容以外にも語学や整体などいろいろな分野のプロが集まることで、横のつながりを意識したコミュニティーをつくり、お互いに顧客を紹介し合うこともできるようにしていければと考えている。現在、所属するスタッフは20人ほどで、今後はFCでの店舗展開をメインに全国100店舖を目指したい」と角田取締役は語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら