ファッション

「リーバイス」 × グーグルのスマートジャケットが日本初上陸 スマホとジャケットを連動

 リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS以下、リーバイス)は、2017年秋に発売したグーグル(GOOGLE)のジャカードテクノロジーを搭載したスマートジャケット“リーバイス トラッカージャケット ウィズ ジャカード バイ グーグル”の第2弾を10月5日に発売する。第1弾はアメリカのみで発売し、今回が日本で初展開となる。価格は前回の350ドル(約3万9000円)に対し、2万7500円と抑えた。

 “リーバイス トラッカージャケット ウィズ ジャカード バイ グーグル”は、「リーバイス」の定番アイテムのトラッカージャケットの左袖に「グーグル」が開発した導電性の繊維を組み込んだもので、ジャケットをスマートフォンにペアリングして、音楽の再生や電話応答といったスマートフォンのさまざまな機能を左袖を触ることでコントロールできるもの。通常のデニムと同等の強度を持ち、洗濯も可能だ。

 第2弾となる今回は、スマートジャケットの左袖口にマイクロファイバーテキスタイルを内包し、袖口にガム一枚より小さくなったジャカードタグを装着してスマートフォンとペアリングした。グーグルアシスタントに尋ねるとリアルタイムでニュースや天気などの最新情報、スケジュールを教えてくれる“My Day”機能、簡単なジェスチャーでスマートフォンに触れることなく撮影ができる “Camera”機能、スマートフォンやジャケットを置いてその場を離れそうになった時にアラートで知らせてくれる“Always Together”機能などが加わった。

 全国のリーバイス ストアをはじめ、公式オンラインストア、一部のビームス(BEAMS)店舗などで取り扱う。

 リーバイスは05年にグーグルのウェアラブル・テクノロジー開発プロジェクト「プロジェクト ジャカード」のオフィシャルパートナーとなっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら