ニュース

「シャネル」の香水の世界観を堪能できるアフタヌーンティーが登場

 フォーシーズンズホテル丸の内 東京と京都は今秋、「シャネル(CHANEL)」のフレグランス「ガブリエル シャネル(GABRIELLE CHANEL)」の世界観を表現したアフタヌーンティーを提供する。期間は東京が10月15日〜11月15日、京都が11月1〜30日で、9月17日午前10時から予約を受け付ける。料金は1人8000円(税、サービス料15%込)。

 「ガブリエル シャネル」はジャスミン、チュベローズ、イランイラン、オレンジフラワーのフローラルノートが印象的なフレグランス。凛々しい女性像やフェミニンな柔らかさを感じさせる香りをアフタヌーンティーに落とし込んだ。東京ではヘッドシェフの浅野裕之が、京都ではエグゼクティブペストリーシェフの濵本佳秀が指揮を執り、それぞれ異なるメニューで表現する。“フォアグラのキッシュ”や“オマール海老 ムース トリュフ”などのセイボリー(軽食)をはじめ、シャンパンチョコレートやタルトフロマージュなどのスイーツ、フランス・ヴァローナのカカオを使ったホットチョコレートやドイツ・ロンネフェルト社のプレミアムティーなどのドリンクを用意し、秋の午後のティータイムを演出する。

■ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ(GABRIELLE CHANEL AFTERNOON TEA at FOUR SEASONS)
日程:10月15日〜11月15日
時間:14:30~16:30(ラストオーダー)
場所:フォーシーズンズホテル丸の内 東京7階 MOTIF RESTAURANT& BAR
住所:東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内

日程:11月1〜30日
時間:第1部12:00~14:00(ラストオーダー)、第2部15:00~17:00(ラストオーダー)
場所:フォーシーズンズホテル京都3階 ザ・ラウンジ&バー
住所:京都府京都市東山区妙法院前側町445-3