ビューティ

イオンとウエルシアが共同出資会社 仏ナチュラルコスメ「イヴ・ロシェ」日本導入

 イオンとウエルシアホールディングスは8月27日に共同出資会社イオンレーヴ
コスメを設立し、今後フランスのナチュラルコスメブランド「イヴ・ロシェ(YVES ROCHER)」を独占販売する。11月15日から関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉)のイオンの総合スーパー70店舗、ウエルシア30店舗、ダイエー5店舗のほか、公式サイトで販売するほか、2020年に全国に拡大し、25年に2000店舗まで販売網を広げていく。

 「オーガニック・ナチュラル市場は年間5%増で推移する。消費者アンケートで『試してみたい憧れ商品だが、毎日使い続けるには価格面などでハードルが高い』『購入する場所が限られている』という声があった。それを解消できるのが『イヴ・ロシェ』だった」(難波廣幸イオン ヘルス&ウエルネス事業担当責任者)という背景から、日本への導入を決めた。

 メインターゲットは女子高校生~女子大生(10代後半~20代)で、サブターゲットはそうした女性たちの母親世代(30~40代)となる。第1弾は39アイテムで、スターアイテムのヘアリンス「リンシングビネガー さらキララズベリー」(150mL、1000円)をはじめとするヘアケア(900円~)やボディーケア(600円~)、スキンケア(1600円~)、フレグランス(3000円~)などを扱う。

 「イヴ・ロシェ」は1959年にフランスのブルターニュ地方で誕生したブランドで、天然由来原料を使った高品質な商品を手頃な価格で展開し、現在は90カ国で販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら