ビューティ

イオンとウエルシアが共同出資会社 仏ナチュラルコスメ「イヴ・ロシェ」日本導入

 イオンとウエルシアホールディングスは8月27日に共同出資会社イオンレーヴ
コスメを設立し、今後フランスのナチュラルコスメブランド「イヴ・ロシェ(YVES ROCHER)」を独占販売する。11月15日から関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉)のイオンの総合スーパー70店舗、ウエルシア30店舗、ダイエー5店舗のほか、公式サイトで販売するほか、2020年に全国に拡大し、25年に2000店舗まで販売網を広げていく。

 「オーガニック・ナチュラル市場は年間5%増で推移する。消費者アンケートで『試してみたい憧れ商品だが、毎日使い続けるには価格面などでハードルが高い』『購入する場所が限られている』という声があった。それを解消できるのが『イヴ・ロシェ』だった」(難波廣幸イオン ヘルス&ウエルネス事業担当責任者)という背景から、日本への導入を決めた。

 メインターゲットは女子高校生~女子大生(10代後半~20代)で、サブターゲットはそうした女性たちの母親世代(30~40代)となる。第1弾は39アイテムで、スターアイテムのヘアリンス「リンシングビネガー さらキララズベリー」(150mL、1000円)をはじめとするヘアケア(900円~)やボディーケア(600円~)、スキンケア(1600円~)、フレグランス(3000円~)などを扱う。

 「イヴ・ロシェ」は1959年にフランスのブルターニュ地方で誕生したブランドで、天然由来原料を使った高品質な商品を手頃な価格で展開し、現在は90カ国で販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら