ビューティ

ネイルを自動販売機で 仏・パリ発「ネイルマティック」日本初上陸

 仏・パリ発ネイルブランド「ネイルマティック(NAILMATIC)」は、6月22日から日本での販売を開始する。同ブランドは2012年に誕生し、プランタン(PRINTEMPS)やメルシー(MERCI)などの百貨店やセレクトショップで展開するが、ベンディングマシン(自動販売機)を使ったユニークな販売方法で話題を呼んだブランドだ。

 日本での販売を請け負うのは、自動販売機による飲料や食品雑貨などの販売を手掛けるナショナル・ベンディング。自動販売機を用いて新たに販売する商品を模索していた際に、「ネイルマティック」を知り日本へ導入することになった。異業種ながらも自動販売機によって可能となる、「ブランド創業者のファッションに合わせてネイルを変えられるように手頃な価格帯で提供したいという思いや、スキンケアなどの化粧品とは違って、ネイルは多くのカラーバリエーションから自身でゆっくりと選ぶことが大切で楽しい時間だという考えに社長が共鳴した」と、山本厚ナショナル・ベンディングコスメティック事業課長は話す。

 今回発売となるのは、ネイルカラー「NMピュアカラー」と「NM ビービーネイル」。さらに天然由来成分・植物由来成分にこだわったリムーバーライン「ザ エッセンシャルズ」だ。

 「NM ピュアカラー」(全29色、8mL、1900円)は、コットンやトウモロコシ、小麦など再生可能な天然由来の原料を使用した、爪にも環境にも優しいネイルカラー。天然由来成分84%配合で、発色と色持ちがよい。ファッションに合わせて選べる28色のカラーと、ベースとしてもトップコートとしても使用できるベース&トップコートをそろえる。塗りやすさと乾きが早いテクスチャーも特徴だ。

 「NM ビービ―ネイル」(全3色、8mL、1900円)は、トリートメント効果で爪の表面を整えて自然な美しさに導く爪用のファンデーションで、凹凸をカバーして爪を丈夫にする。どんな肌の色にも似合うナチュラルでシンプルな3色で、男性にも使用を勧める。

 GUM表参道やエストネーション六本木ヒルズでのポップアップストアによる販売が決定しており、今後は百貨店での販売を予定する。本国でアイコンとなっている自動販売機での販売は日本では未対応だが、売り場に配置して認知を高めていく。いずれは日本でも自動販売機による販売と店頭でのディスプレー販売を合わせてさまざまな仕掛けを模索する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら