ビューティ

スタイリストの大草直子が初のコスメ監修「ナチュラグラッセ」とコラボ

 「ナチュラグラッセ(NATURAGLACE)」はスタイリスト大草直子が初めてコスメの監修をしたリップを11月20日に発売する。セミマットな仕上がりに加えて、潤いを感じるトリートメント効果が期待できる「ルージュ モイスト」からファッション感覚を取り入れた限定2種をそろえる。

 「ナチュラグラッセ」はエフォートレスに自分らしさを表現し、ファッションのみならずライフスタイル全般をスタイリングする大草の姿勢に共感。幅広い年齢層から支持を受ける大草は、「ルージュは、ニットやデニムと同じファッションアイテムのひとつ」と賛同する。

 大草監修のリップは、“デニムのようにレッドを着よう”と題した深みのあるシックな赤色の「デニムレッド」と、“カシミヤのやさしさを唇に”と題した「カシミヤベージュ」。価格は共に3200円。

 大草は、「ヴァンテーヌ(Vingtaine)」(ハースト婦人画報社、現在は休刊)編集部を経て、「グラツィア(Grazia)」(講談社、現在は休刊)、「ヴェリィ(VERY)」(光文社)「オッジ(Oggi)」(小学館)などに編集者・スタイリストとして携わってきた。2015年1月に講談社が運営するウェブメディア「ミモレ(mi-mollet)」の外部編集長に就任。18年7月に編集長を辞し、コンセプトディレクターとして活動している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら