ファッション

「コーチ」の2019年秋キャンペーンをユルゲン・テラーが撮り下ろし 水原希子も登場

 「コーチ(COACH)」は、ユルゲン・テラー(Juergen Teller)が撮り下ろした2019年秋キャンペーンのグローバル広告を発表した。同キャンペーンにはブランドアンバサダーを務めるマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)や水原希子、女優兼モデルのヤラ・シャヒディ (Yara Shahidi)、女優のジェマイマ・カーク (Jemima Kirke)、歌手のロロ・ズーアイ (Lolo Zouai)、俳優のマイルズ・ハイザー (Miles Heizer)、さらに「コーチ」の新しいアンバサダーであるモデルのリウ・ウェン (Liu Wen) が登場する。

 テラーはドイツ出身のフォトグラファーで、数多くのファッション誌のエディトリアルを担当したほか、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」「セリーヌ(CELINE)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」をはじめとする幅広いブランドの広告ビジュアルも撮り下ろしている。

 スチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)「コーチ」クリエイティブ・ディレクターは「今回のキャンペーンでは直感でユルゲンを選んだ。彼は僕が望んでいる温かく、気取らない、プレーフルなスピリットを生み出すことができるから。被写体の本質を捉えることで知られている彼なら、今回のキャストの人間性や本当の個性を引き出すことができると考えた」とコメントしている。

 今季の広告の舞台は、ロワーイーストサイドやセントラルパーク、マンハッタンフェリー、ブルックリンブリッジなどニューヨークを象徴するアイコニックな場所。"タビー"ショルダーバッグや"トループ"トート、"リビングトン"バックパックをはじめとする秋の新作のバッグにスポットライトを当てている。トッド・トーソ(Todd Tourso)が監督を務めたムービーは、自分の人生の無限の可能性を信じる21世紀のドリーマーたちが多くいる、ニューヨークという街のスピリットを漂わせる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら