ファッション

スタバとビームスのコラボ第3弾 アウトドアに役立つアイテムそろう

 スターバックス コーヒー ジャパン(STARBUCKS COFFEE JAPAN)はビームス(BEAMS)の南馬越一義シニア・クリエティブディレクターが率いるビームス創造研究所とのコラボレーション企画第3弾として、8月2日から限定アイテムを東京・中目黒の「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」で販売する。

 今年2月のコラボ第1弾では“PLAY”を、4月の第2弾では“TRAVEL”をテーマにディレクションした商品を販売した。第3弾となる今回はアウトドアシーズンに合わせて“Go out!”をテーマに、登山やキャンプなどで使えるアイテムを中心にそろえる。

 展開商品は「ツノカワーファーム」から、80年代に日本でデザインされたフォールディングチェアをベースにファブリックは会津木綿を使用した携帯チェア(2万9000円)、創業41年の染色工房が運営する「にじゆら」からはブルーとキャメルの手ぬぐい(2000円)、山を対象にしたフィールドワークから商品を作り続けている「マウンテン リサーチ(MOUNTAIN RESEARCH)」からは「スターバックス リザーブ」のロゴをあしらったキーホルダー(3300円)やフロントポケットを開けるとミニテーブルになるフィールドベスト(2万7000円)など、日本のモノ作りを代表する6ブランドから8つのアイテムが登場する。

 なお発売初日のみ、全ての商品はそれぞれ一人1点までの販売となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。