ビューティ

「キュレル」から荒れを繰り返す唇に最適なリップバーム登場

 花王は8月3日、乾燥や肌荒れに悩む“乾燥性敏感肌”を考えた「キュレル(CUREL)」から、唇の乾燥や荒れをくり返しやすい人に向けた「リップケア バーム(医薬部外品)」(1200円、編集部調べ)を発売する。消炎剤(有効成分)配合で、唇のひびや荒れを防ぎ、長時間潤いを閉じ込める唇パック処方を用いた。就寝前に使用することでしっかり密着し、翌朝まで潤いを閉じ込めてふっくら滑らかな唇に導く。

 既存の「リップケア クリーム」は2010年10月の発売以来、毎年売り上げを伸ばし、昨年にはシリーズ累計売り上げ630万本(10年8月~18年12月花王出荷ベース)を達成した。日中のケアに最適な同製品や、くすみを補正する「同 色づくタイプ」、今回新たに加わる「リップケア バーム」の3製品で、今後はさまざまなニーズに応え乾燥性敏感肌の人を幅広く獲得する。また、花王グループ化粧品事業のグローバル戦略ブランド“G11”のひとつであり、日本および中国を中心とするアジアでの販売を盤石なものにし、今後さらにグローバル展開を加速させていく。

【エディターズ・チェック】
無香料、無着色、アルコールフリーで、荒れた唇にも安心して使用できる処方は、さすが敏感肌市場においてNo.1ブランドの「キュレル」!濃厚なテクスチャーですが、唇にのせるとするするっととろけて塗り心地も抜群です。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら