ビューティ

“目のパイオニア”ロート製薬から筋肉に着目したアイクリーム誕生

 ロート製薬は9月1日、今秋ブランド誕生10周年を迎えるエイジングケア専門ブランド「エピステーム(EPISTEME)」から、目の周りの筋肉に着目したアイクリーム「アイパーフェクトショットa」を発売する。同製品は美容医療から着想を得て開発し、目元のたるみを根本から引き上げてハリのある目元に導く。

 同社は1909年に初めて目薬を発売し、110年にわたり目薬研究を続ける“目のパイオニア”。目の健康を支えると同時に、見た目の印象に影響を与える目元のスキンケア研究にも力を入れている。今回、「エピステーム」の美容医療発想の“クリニサイエンス”シリーズから登場する「アイパーフェクトショットa」は、目の周りを覆っている骨格筋(眼輪筋)とまぶたの裏にある平滑筋(ミュラー筋)に着目。新成分のシナジーリフトコンプレックスが眼輪筋をはじめ目周り全体を支える筋細胞を増やすことで目元にハリをもたらす。さらに独自成分のパワライズアイコンプレックスがミュラー筋の収縮メカニズムにアプローチして、まぶたのたるみを根本から引き上げる。価格は、約30回分の6500円、約60回分の1万1000円。

 また同日、周年記念として再生医療発想の“ステムサイエンス”シリーズからスペシャルケアのマスク「ステムサイエンスRXマスク」を数量限定で発売する。クリームを顔全体に塗った後にゲル状マスクで密封する2ステップ処方で、あらゆるエイジングの症状をマルチに解決する同社独自成分のステムCMを高濃度で肌に届けられるようにとクリームを採用し、1回の使用で肌のキメが整う。価格は8セット(8回分)で3万5000円。

【エディターズ・チェック】
「エピステーム」は糖化ケアできるトータルエイジングケアブランドとして誕生。2015年の“ステムサイエンス”シリーズ、16年の“クリニサイエンス”シリーズの登場から、美容や再生医療に着目した、より高い効果実感を訴求し大きく成長しています。アイクリームはコクのあるテクスチャー。使い続けることでどのように変化するのか、目元のプロフェッショナルの本領を確かめたいところです。マスクはジェルが肌に吸い付くように密着して安定感抜群!ふっくらもちもち。一度で効果を実感しました。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。