ニュース

微小電流テクノロジーを使った韓国発のフェイスマスクが日本初上陸

 韓国発のスキンケアブランド「フランツ(FRANZ)」は、微小電流テクノロジーを使ったフェイスマスク「フランツ デュアルフェイスマスク」シリーズを5月28日からオンラインショップなどで販売する。韓国、シンガポール、香港、アメリカ、カナダ、ヨーロッパに続き、日本に初上陸する。

 独自開発した微小電流テクノロジー“イオントフォレシス”とは、電気分解によりイオン化した美容成分を角層へ浸透させる技術だ。同アイテムは、美容液を含んだマスク「エンリッチマスク」、イオン導入技術が取り入れられた微小電流マスク「エンパワーマスク」、伝達効率を活性化させる電解質「エリクサー」の3点がセットになっている。

 従来のフェイスマスクとは異なり使用方法が特徴的だ。「エンパワーマスク」の微小電流を発生させる箇所に「エリクサー」を塗布した後、顔にのせた「エンリッチマスク」の上に重ねることで美容成分を電気分解して浸透を促す。シリーズは、肌のコンディションを整える「ジェット」(2回分2800円)、エイジングサインに働きかける「プレミアム」(2回分4400円)、男性向けの「オム」(2回分2800円)の3種をラインアップする。

【エディターズ・チェック】
資生堂のスキンケアブランド「ナビジョン(NAVISION)」の、マイクロニードル技術によりヒアルロン酸を針状に固めた「HAフィルパッチ」のヒットが記憶に新しく、新技術を取り入れたマスクが続々と誕生している。エステティックサロンや美容医療施術に行かずとも、ホームケアのレベルで実感が得られるアイテムに注目だ。

あなたにオススメ