ファッション

「ヴィクトリアズ・シークレット」2014年コレクション

FRONT ROW

 

「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」は12月2日、第19回のファッションショーをロンドンのアールズ・コート・エキシビジョン・センターで開催した。同ブランドがロンドンでショーを開催するのはこれが初。過去最大規模となった今回のショーでは、総勢47人のエンジェル(モデル)が登場。さらに歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande)やテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、エド・シーラン(Ed Sheeran)ら豪華アーティストがパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

今回のショーは、ロンドンのファッションブランドとのコラボレーションが注目を集めた。「ナジール マザー(NASIR MAZHAR)」は、同ブランドのヤングライン「ピンク(PINK)」のデザインを手掛け、「ソフィア ウェブスター(SOPHIA WEBSTER)」と「ニコラス カークウッド(NICHOLAS KIRKWOOD)」は靴のデザインを担当した。

米ドラマ「ゴシップ・ガール」で人気を集めた英俳優のエド・ウェストウィック(Ed Westwick)やオリヴィア・パレルモ(Olivia Palermo)、デイジー・ロウ(Daisy Lowe)、英デザイナーのシャーロット・オリンピア(Charlotte Olympia)やヘンリー・ホランド(Henry Holland)ら豪華ゲストを含む3400人が来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら