コレクション

「ヴィクトリアズ・シークレット」2014年コレクション

FRONT ROW

 

「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」は12月2日、第19回のファッションショーをロンドンのアールズ・コート・エキシビジョン・センターで開催した。同ブランドがロンドンでショーを開催するのはこれが初。過去最大規模となった今回のショーでは、総勢47人のエンジェル(モデル)が登場。さらに歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande)やテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、エド・シーラン(Ed Sheeran)ら豪華アーティストがパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

今回のショーは、ロンドンのファッションブランドとのコラボレーションが注目を集めた。「ナジール マザー(NASIR MAZHAR)」は、同ブランドのヤングライン「ピンク(PINK)」のデザインを手掛け、「ソフィア ウェブスター(SOPHIA WEBSTER)」と「ニコラス カークウッド(NICHOLAS KIRKWOOD)」は靴のデザインを担当した。

米ドラマ「ゴシップ・ガール」で人気を集めた英俳優のエド・ウェストウィック(Ed Westwick)やオリヴィア・パレルモ(Olivia Palermo)、デイジー・ロウ(Daisy Lowe)、英デザイナーのシャーロット・オリンピア(Charlotte Olympia)やヘンリー・ホランド(Henry Holland)ら豪華ゲストを含む3400人が来場した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら