ビジネス

ファンケルが体験型の新業態店をオープン 血管や肌年齢の測定やメイクシミュレーションも

 ファンケルは4月19日、宮城県名取市のイオンモールなとり内に、新業態店舗「ファンケル ニュー ミー(FANCL NEW ME)」をオープンする。ターゲットは若年層からファミリー層まで幅広く設定し、さまざまな体験スポットを用意。今後はショッピングセンターを中心に拡大していく予定。

 既存店でも製品タッチアップなどのサービスは行っているが、新業態店では“体感・体験”をテーマに設定。メイク製品のタッチアップスペースのほか、タブレット端末に写真を取り込んでバーチャルメイクを行う「メイクシミュレーション」、血管の老化度や弾力性を約20秒で確認できる「血管年齢チェック」など、来店者が気軽に美と健康の情報を得られるセルフサービスを取り入れた。

 店内は黒を基調としたカフェ風のインテリアにし、店内中央には来店客とスタッフのコミュニケーションスペースとなるテーブルを配置。このテーブルでは製品アドバイスなどを行うほか、定期的にイベントも実施する予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら