ファッション

「ジル サンダー」から新ライン デニムや「マッキントッシュ」とのコラボを打ち出し

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、「メインコレクションを補うライン」として、2019-20年秋冬から「ジル サンダー+(JIL SANDER+)」を販売する。7月から路面店や百貨店インショップなど「ジル サンダー」の全店で扱う。山や海、カントリーサイドへの旅行など、“都会から抜け出した暮らし”をコンセプトに、ウィメンズ、メンズの商品を企画する。

 価格帯はジャケット20万円~、スポーツコート17万円~、パンツ8万円~、ブラウス7万円~、ニットウエア5万円~、バッグ7万8000円~。メインコレクションとほぼ同価格帯だが、よりベーシックで機能性や実用性にフォーカスしたラインとなるようだ。素材にこだわるブランドらしく、リサイクルカシミヤやシルク、機能素材などを使用する。

 ファーストシーズンで企画したのはデニムライン。日本製のデニム素材を日本で縫製しており、パンツ、シャツ、ジャケット、ジャンプスーツなどをそろえる。デニムライン以外では、ダウンジャケットやケープ、トレンチコートなどのアウター、ニットウエア、ジャージートップなどがあり、トラベルバッグ付きのパジャマにブーツ、スリッパ、ブランケットなど、雑貨類も充実する。

 専門分野に特化した企業やブランドとの協業も特徴だ。ファーストシーズンはゴム引きコートの「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とコラボレーションし、アウターや雑貨を販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら