ファッション

「ジル サンダー」から新ライン デニムや「マッキントッシュ」とのコラボを打ち出し

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、「メインコレクションを補うライン」として、2019-20年秋冬から「ジル サンダー+(JIL SANDER+)」を販売する。7月から路面店や百貨店インショップなど「ジル サンダー」の全店で扱う。山や海、カントリーサイドへの旅行など、“都会から抜け出した暮らし”をコンセプトに、ウィメンズ、メンズの商品を企画する。

 価格帯はジャケット20万円~、スポーツコート17万円~、パンツ8万円~、ブラウス7万円~、ニットウエア5万円~、バッグ7万8000円~。メインコレクションとほぼ同価格帯だが、よりベーシックで機能性や実用性にフォーカスしたラインとなるようだ。素材にこだわるブランドらしく、リサイクルカシミヤやシルク、機能素材などを使用する。

 ファーストシーズンで企画したのはデニムライン。日本製のデニム素材を日本で縫製しており、パンツ、シャツ、ジャケット、ジャンプスーツなどをそろえる。デニムライン以外では、ダウンジャケットやケープ、トレンチコートなどのアウター、ニットウエア、ジャージートップなどがあり、トラベルバッグ付きのパジャマにブーツ、スリッパ、ブランケットなど、雑貨類も充実する。

 専門分野に特化した企業やブランドとの協業も特徴だ。ファーストシーズンはゴム引きコートの「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とコラボレーションし、アウターや雑貨を販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。