ファッション

「ジル サンダー」から新ライン デニムや「マッキントッシュ」とのコラボを打ち出し

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、「メインコレクションを補うライン」として、2019-20年秋冬から「ジル サンダー+(JIL SANDER+)」を販売する。7月から路面店や百貨店インショップなど「ジル サンダー」の全店で扱う。山や海、カントリーサイドへの旅行など、“都会から抜け出した暮らし”をコンセプトに、ウィメンズ、メンズの商品を企画する。

 価格帯はジャケット20万円~、スポーツコート17万円~、パンツ8万円~、ブラウス7万円~、ニットウエア5万円~、バッグ7万8000円~。メインコレクションとほぼ同価格帯だが、よりベーシックで機能性や実用性にフォーカスしたラインとなるようだ。素材にこだわるブランドらしく、リサイクルカシミヤやシルク、機能素材などを使用する。

 ファーストシーズンで企画したのはデニムライン。日本製のデニム素材を日本で縫製しており、パンツ、シャツ、ジャケット、ジャンプスーツなどをそろえる。デニムライン以外では、ダウンジャケットやケープ、トレンチコートなどのアウター、ニットウエア、ジャージートップなどがあり、トラベルバッグ付きのパジャマにブーツ、スリッパ、ブランケットなど、雑貨類も充実する。

 専門分野に特化した企業やブランドとの協業も特徴だ。ファーストシーズンはゴム引きコートの「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とコラボレーションし、アウターや雑貨を販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら