ファッション

「ジェントル・モンスター」とファーウェイがスマートグラスを共同開発 スマホをバッグに入れたままでの通話が可能

 中国の通信機器メーカーのファーウェイ(HUAWEI)は、韓国のアイウエアブランド「ジェントル・モンスター(GENTLE MONSTER)」と共同開発した通信可能なスマートグラスを発表した。普通の眼鏡タイプに加えてサングラスタイプも用意されており、2019年夏の発売を予定している。

 リチャード・ユー(Richard Yu)=ファーウェイ コンシューマービジネスグループ最高経営責任者(CEO)は、「このスマートグラスを使えば、スマートフォンをポケットやバッグに入れたままで通話することができる。ファッションとテクノロジーの新たな融合だ」と述べた。

 通信に必要となるアンテナやマイク、スピーカーなどは全て眼鏡のテンプル(つる)部分に仕込まれているが、それでも普通の眼鏡と比べてわずかに太い程度だ。ノイズを軽減するため、マイクにはAI(人工知能)が使用されている。ハンコック・キム(Hankook Kim)「ジェントル・モンスター」共同創業者兼CEOは、「一見すると普通の眼鏡にしか見えないことが非常に重要だ。スマートウオッチと違って顔にかけるものなので、デザインにとても気を使った」と言い、「ファーウェイは、第1にアイウエアとして魅力的であることが大切だということを理解してくれて、大変感謝している」と述べた。

 「ジェントル・モンスター」はその個性的な眼鏡作りや美術館のような店舗で知られており、2月にストリートウエアブランドの「アンブッシュ(AMBUSH)」とのコラボを発表した。5月にはドバイに新店をオープンし、6月にはキッズラインをスタートする予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら