ファッション

「アレキサンダー ワン」と韓国発気鋭アイウエア「ジェントルモンスター」がコラボ

 「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」と韓国発の気鋭アイウエアブランド「ジェントル・モンスター(GENTLE MONSTER)」がコラボしたサングラスが9月8日に、両ブランドの公式ECサイトおよび一部店舗で発売される。

 コラボしたサングラスは、「アレキサンダー ワン」2018-19年秋冬コレクションに登場した“CEO”のグラフィックが施されている。コレクションではブラックのみ登場したが、さらにレッドとイエローも販売する。UVカット100%のレンズを使用し、フレームは全てハンドメードで、長方形だがわずかにキャットアイ風にサイドに角度を加えた。価格は295ドル(約3万2500円)。

 「ジェントル・モンスター」は2011年に設立。インスタレーションを中心とした美術館のような店づくりで若者を中心に支持を集めている。韓国をはじめ、中国やシンガポール、ニューヨーク、ロンドンなどに店舗を構える。同ブランドを手掛けるのは17年にスヌープ バイ(SNOOP BY)から改名したアイアイコンバインド(IICOMBINED)で、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社、L キャタルトン(L CATTERTON)も投資しており、新規上場を目指している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら