ファッション

「アディダス」 × 「ワン」からシーズン3の“Drop 2”が発売 テーマは“不完全さや欠陥が新しい完璧”

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」と「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」は5月19日、2016年から続くコラボコレクション「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン」の新作を発売する。

 今回は、この4月に発売されたシーズン3の第2弾にあたる“Drop 2”で、ワークウエアにフォーカスした全11アイテムをラインアップ。“不完全さや欠陥が新しい完璧”をテーマに、Tシャツの袖やコーチジャケットの胸元には、製造時に起きてしまうミスや欠陥から着想した画質の粗いグラフィックや左右非対称のプリントが意図的に施されている。また、コラボコレクションでは初となるウィメンズウエアの他、特に人気の高いスニーカーは定番の“AW BBALL SOCCER”と“RUN CLEAN”の2モデルを用意した。

 価格はウエアが9990~4万円。スニーカーは“AW REISSUE”が2万8000円、“RUN CLEAN”が2万3000円。東京・南青山の「アレキサンダー ワン」旗艦店をはじめ、両ブランドの公式サイトやドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部セレクトショップで取り扱う。

 キャンペーンビジュアルには、アレキサンダー・ワン=デザイナーと親交のあるモデルのハンネ・ギャビー・オディール(Hanne Gaby Odiele)とビンクス・ウォルトン(Binx Walton)が起用され、雑多なオフィスを舞台に写真家のブリアンナ・カポッツィ(Brianna Capozzi)が撮り下ろした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら