ファッション

「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン」の第1弾アイテムと過激なキャンペーンビジュアルが公開

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は8月5日、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」とのコラボコレクション「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン(ADIDAS ORIGINALS BY ALEXANDER WANG)」のシーズン2を世界同時発売する。同コラボは複数回に分けてリリースされ、今回はその第1弾。全27アイテムをラインアップし、日本では東京・南青山の「アレキサンダー ワン」旗艦店とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウおよび「アディダス」のオンラインストアで取り扱う。

 レイブとサイクリングがテーマの同コレクションは、サイクリング用のウエアがキーアイテム。オールインワン型とセパレート型を用意し、天地が逆転した「アディダス オリジナルス」の“Trefoil”ロゴや同コラボで象徴的なドットのウエーブラインが施されている。他にもプルオーバーパーカやTシャツ、スエットなどデイリーユースなユニセックスのアイテムに加え、スニーカーも発売する。

 キャンペーンビジュアルは、シーズン1に続きユルゲン・テラー(Juergen Teller)が撮影。同コラボのアイテム1点と目出し帽のみを身につけた露出度の高いモデルと着用アイテムを横に並べ、ユニセックスでの展開とアイテムへのフォーカスを強調している。また、ショートティザー映像はライアン・スターク(Ryan Staake)が手掛けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら