ファッション

アディダス×ワン 第2弾は“転売”も覚悟のイメージ!?

  「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」とのコラボ「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン(ADIDAS ORIGINALS BY ALEXANDER WANG)」の第2弾を、世界8店舗で3月1日に先行発売する。日本では唯一、ドーバー ストリート マーケット銀座で先行発売する。4日からはアディダス オリジナルスの限定店舗やアレキサンダー ワンの旗艦店およびオンラインストアでも販売する。

 第2弾(Drop2)も第1弾と同様、「アディダス オリジナルス」のアイコンである「トレフォイル」と「オリジナルス」のロゴを反転させている。商品は、トラックジャケット(3万5000円)やトラックパンツ(2万9000円)、Tシャツ(2万円)、ショートパンツ (2万2000円)、シューズ2型(2万3000〜3万円)の計6型で、ウエアはそれぞれブラック、ダークインディゴ、マルーンの各3色。ニューヨークで撮影したキャンペーンは、フォトグラファーのヨーガン・テラーが担当した。キャンペーンのイメージは、ユースカルチャーで流行している“転売”や、コレクションの扇動的なコンセプトからインスパイアされた。

■先行発売店舗一覧
バーニーズ ニューヨーク(ニューヨーク)、コレット(パリ)、アントニオーリ(ミラノ)、ストーム(コペンハーゲン)、ドーバー ストリート マーケット(ロンドン、銀座)、ブーン・ザ・ショップ(ソウル)、ジョイス(香港)

【関連記事】
■「アレキサンダー ワン」がショー直後にアディダスとの協業を発表
■「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン」 東京での販売方法が明らかに

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら