ファッション

“アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン”の5シーズン目 “クラビング”がテーマの全16品を発売

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」とのコラボコレクション“アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン”の5シーズン目となる新作を4月20日に発売する。ダンスフロアが盛り上がる様子に着想を得た同作は“クラビング”がテーマ。「アディダス オリジナルス」のスポーツ要素と、パーティー好きで知られるデザイナーのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)によるファッション性をミックスさせた。

 コレクションはTシャツやスエット、シューズなど全16品をラインアップする。ウエアは80年代を連想させるグラフィックやシルエットを用い、“ワンの理想のボディー”を意味する造語“Wangbody”などの文字をデザインした。黒のボディースーツやハイウエストのコンプレッションショーツなどもそろえる。サイズはユニセックスのXXS~XXL展開で、価格は7990~2万1000円。

 人気のスニーカーには新しく“AW Wangbody Run”モデルを追加した。90年代にインスパイアされたレザーのアッパーに、アディダスの“Marathon TR”モデルの要素を含んだラバーアウトソールを採用。シューレースと一体になったストライプデザインが特徴だ。価格は2万4000円で、ブラックとパープルをアクセントにしたチョークの2色を展開する。また既存モデルの“AW Bball”からピンク、 “AW Bball Soccer”からチョークの新色も用意する。価格はいずれも2万8000円。

 アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウや「アレキサンダー ワン」店舗、両ブランドの公式オンラインストアなどで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら