ファッション

LVMH系投資会社も出資する韓国発アートなアイウエアブランド「ジェントルモンスター」がNYのドーバーでポップアップ開催

 韓国発のアイウエアブランド「ジェントルモンスター(GENTLE MONSTER)」は、ドーバー ストリート マーケット ニューヨーク(DOVER STREET MARKET NEW YORK)の1階で6月18日までポップアップストアを開催中だ。

 「ジェントルモンスター」は建築家を雇い入れて美術館のような店舗を作ることで知られているが、今回のポップアップストアでは、時間と空間を旅する地球外生命体をインスピレーション源に、“パッセンジャース(Passengers)”というインスタレーションを披露した。またポップアップストア限定でサングラス“コバルト(Cobalt)”をブラックとゴールドの限定色で用意している。

 「ジェントルモンスター」を手掛けるのは、17年にスヌープ バイ(SNOOP BY)から改名したアイアイコンバインド(IICOMBINED)。LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社、L キャタルトン(L CATTERTON)も投資しており、新規上場を目指している。

 また、「ジェントルモンスター」は18年初めにコスメブランド「タンブリンズ(TAMBURINS)」をスタートしている。「タンブリンズ」もソウルのカロスキルに「ジェントルモンスター」同様、美術館のような店舗をオープンし、3カ月に1回のペースで新商品を発売している。現在は、フランキンセンスの香りをブレンドしたハンドクリーム、ウオーターベースのエッセンストナー、フェイスクリームの3商品をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。