ファッション

「メイベリン」新リップは発色が抜群な艶リップ イベントに浦浜アリサや中田みのり

 「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」が新作リップスティック「シャインコンパルジョン」(全12色、各1400円)とペン型リップ「シャインコンパルジョン ラッカーペン」(全5色、各1500円)を発売中だ。艶やかな仕上がりのリップの弱点でもあった発色の低さを解決し、ビビッドでクリアな色合いと艶を両立させた。

 「シャインコンパルジョン」は、高発色のカラー色素を反射性の高いオイルで閉じ込め、艶と発色をひと塗りで演出する。また、ローズヒップオイルを含むボタニカルオイルを配合し、唇に触れた瞬間にとろけ出るリッチなテクスチャーが特徴だ。アイコニックなレッドから、普段使いにもぴったりなヌードやピンクなど、さまざまなシーンに合う12色を展開する。「シャインコンパルジョン ラッカーペン」は、クリック式のペン型リップスティックで、発色が長く続くジェルティントフォーミュラを採用。ジェルの艶とクリアな発色がティントによって長時間持続する。シックなブラックのパッケージで、20〜30代の大人の層をターゲットとする。

 同リップの発表イベントは、今春リニューアルした「メイベリンハウス」で行った。「メイベリン」が製品発表会やイベントを行う会場で、今回はトレンド感のあるブルックリンの街並みをイメージしたデザインに一新。なお、12月6日までイベントやパーティーのためにスペースを借り切ることができるサービスを行っている。また発表会には、新作リップの発売およびスペースのリニューアルを祝うために、浦浜アリサや中田みのり、香川沙耶など多くのインフルエンサーやモデルが駆けつけた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら