ニュース

ジジ・ハディッドが「メイベリン」とコラボ 来日イベントを開催

 「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」はモデルでブランドのスポークスパーソンでもあるジジ・ハディッド(Gigi Hadid)とコラボしたコレクションを2月14日から順次販売する。アイシャドウやチーク、リップを収めたパレット限定100個を2月14日、その他リップスティックやアイライナーなどを2月26日に発売する。1月26日には、インフルエンサーやジャーナリストを招待したイベントを開催し、アイテムを使用したメイクアップショーを行った。

 同コレクションはジジが生まれ育った西海岸のカリフォルニアと、モデルとして仕事を多くする東海岸のニューヨークからインスパイアされた。色から製品名、パッケージデザインまで全てジジが監修した。イベントでジジは「リップスティックのカラー名を友人や家族の名前に、アイシャドウのカラーは住んだことのあるストリート名をつけるなど、私の人生にとても大切な名前をつけている」と説明した。

 西海岸からインスパイアされた「ウェストコースト」シリーズには、暖色系のゴールドやピーチカラーを収めたアイシャドウパレットや鮮やかなレッドのリップスティック、シマーが美しいアイライナーなどがそろい、カリフォルニアガールならではの健康的なルックを演出する。一方で東海岸の「イーストコースト」シリーズはクールなマットカラーを収めたパレットやヌード系のリップスティック、ドラマチックなキャットアイが簡単に作れるリキッドアイライナーなどが登場。限定の「トラベル キット」はコンシーラー、リップバーム、アイシャドウブラシ、パウダーブラシ、アイシャドウ、チーク、ブロンザー、ハイライター、マスカラを一つのコンパクトなパレットに入れた。「西海岸と東海岸だけでなく世界中を飛び回るモデルとして、飛行機の中でも簡単にメイクができるパレットを作りたかった。また、私はプロのメイクアップアーティストではなく、普段のメイクもシンプル。誰でも手軽に、かつ楽しくメイクアップを楽しめるコレクションを手がけた」。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら