ファッション

フランフランから家具の新ブランド「モダンワークス」 青山とみなとみらいに直営店オープン

 インテリア・雑貨のフランフラン(FRANCFRANC)は、家具の新ブランド「モダンワークス(MODERN WORKS)」をスタートする。これに合わせて、東京・青山と神奈川・みなとみらいに直営店をオープンし、オンラインショップも開設する。

 同ブランドは、“上質で洗練されたデザインの家具を手の届きやすいプライスで実現したい”という思いから立ち上げた。日本の生活様式に合ったアイテムとしてソファ、チェア、テーブルをメインに据え、ラグやアートなども展開する。中心価格帯は、ソファが10万〜20万円、チェアが1万〜4万円、テーブルが8万〜15万円。

 4月20日にオープンする青山店(総面積793平方メートル)は、2020年2月までの期間限定店舗となる。支払いは、クレジットカードや電子マネーのみの完全キャッシュレスで、商品POPには詳細情報の閲覧やオンライン購入に対応したQRコードを記載する。

 4月23日オープンのみなとみらい東急スクエア店(総面積628平方メートル)は、ファブリック、アート、植物など家具以外のアイテムも豊富にそろえ、部屋のトータルコーディネートを提案する。

■「モダンワークス」青山店
オープン日:4月20日
場所:Francfranc SQUARE
住所:東京都港区南青山3-8-34

■「モダンワークス」みなとみらい東急スクエア店
オープン日:4月23日
場所:みなとみらい東急スクエア1階
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-2

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら