ビジネス

「美ST」が特集内の表現で批判受け謝罪

 美容誌「美ST」(光文社)は、5月号(3月15日発売)の特集記事で過剰な表現があったとして謝罪した。

 ブルーベース(ブルベ)とイエローベース(イエベ)の肌タイプ別で美白ケアやメイクアップを紹介する同号の特集「イエベもブルベもシミは全部とってトーンアップさせたい!」内で、黄味がかった肌質のイエベタイプの人を“ヘルシー肌さん”、青味がかったブルベ肌を“美白好きさん”と定義し、それぞれの肌タイプを持つ女性たちの主張を対決させる企画記事を掲載。その中で、「リゾートでもダサいよ!日本の恥だよ」「焼けた肌って汚くない?」など、罵り合う言葉が使用されていたことからSNSで批判を受けていた。

 また、同特集内では「社交的で明るい」「女らしいとか若いね、は嬉しい」などの言葉とともに、ブルベ、イエベの肌を持つ女性の特徴を紹介しており、生まれ持った肌質と性格や志向、個性は別物であるという声も寄せられていた。

 それらの批判を受けて、同誌の公式サイトは18日に「編集部の認識不足による過剰で不適切な表現が含まれていた」とし、「読者の皆様をはじめ、関係者の皆様に、お詫び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら