ニュース

AIを駆使したトレンド分析のファッションポケットが6億円を調達 

 AI(人工知能)を使った画像解析技術でトレンド解析などを行うファッションポケットは、未来創生ファンドや元ミクシィ社長の朝倉祐介氏の率いるシニフィアン、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、Deep30などから合計6億円の資金調達を行った。シリーズBになる。また、3月5日付で、社名をニューラルポケットに変更した。

 同社は米マッキンゼー出身の重松路威氏が18年1月に創業。独自のAI画像解析技術を駆使したトレンド分析サービス「AI MD」を展開。今年2月には三陽商会と業務提携を発表していた。

 出資者の一つであるシニフィアンと業務提携も締結しており、朝倉祐介シニフィアン共同代表は「AIを単に特定用途に特化した単発のソリューションに終始させるのではなく、汎用的なサービスに発展させ、社会実装していく必要がある。高度な技術力とビジネスの遂行力を兼ね備えたニューラルポケットはこうしたテーマに取り組むにふさわしいスタートアップだ」とコメントしている。