ファッション

D2Cブランド「フーフー」が「ヌッテ」運営会社と購入後の染め直しサービス 定番を好みの色にカスタマイズ

 D2Cブランドの「フーフー(FOUFOU)」は、「ヌッテ(NUTTE)」を運営するステイト・オブ・マインド(東京、伊藤悠平社長)の洋服の染め直しサービス「アンド カラーズ(AND COLORS)」と連携した新サービスをスタートする。春に向け“白く染まれ”をコンセプトにした同サービスは、2018年から毎月1型販売していた黒のワンピースシリーズ“ザ・ドレス(THE DRESS)”の人気品番のカラーリングを白にして再販する。第1弾はタックワンピース(1万7500円)を27日21時に発売し、それ以降は4月3日まで1週間おきに違う型のワンピースを発売する予定だ。

 購入後はそのまま着る以外にも、通常の20%オフで「アンド カラーズ」のサービスを用いて自分の好きな色に染め直すことができる。費用は黒または紺が4000円、「アンド カラーズ」のホームページ上に掲載されている色が8000円。その他の色も、色の見本となる布や服を送ることで1万2000円で染め直せる。

 「フーフー」は“健康的な消費のために”をコンセプトに、デザイナーの高坂マールが16年にスタート。シンプルながら素材やディテールにこだわり、値段も手ごろなことで人気を博してきた。現在はステイト・オブ・マインドと協業し、生産管理や梱包、配送などの業務サポートを受けることで規模を拡大している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら