ファッション

根付くか?「プレミアムウィンターバザール」 トレエンやはんにゃがチョコやマフラーをアピール

 日本百貨店協会は1月の最終金曜日である25日、加盟する全国の百貨店約150店超で、冬のセール第2弾として消費を盛り上げるキャンペーン「プレミアムウィンターバザール」を開始した。昨年夏もセール後の7月の最終金曜日から同様のキャンペーンを実施し、集客を促していたが、冬の開催は今回が初めて。バレンタイン商戦などと共に消費を喚起するのが狙い。政府主導で毎月最終金曜日に行っている“プレミアムフライデー”とタイミングを合わせている。

 キャンペーン開始に合わせて、新宿高島屋前のオープンスペースで会見を行った。赤松憲・日本百貨店協会会長(三越伊勢丹ホールディングス会長)や磯﨑仁彦・経済産業省副大臣とともに、“プレミアムフライデー応援隊”に任命されたお笑い芸人集団、吉本坂46のトレンディエンジェルやはんにゃ、村上ショージらが登場。マフラーや帽子などの冬のギフト小物とチョコレートをアピールし、キャンペーンを盛り上げた。今後1年間、全国の百貨店で毎月最終金曜日に、吉本坂46メンバーによる、“プレミアムフライデー”告知の館内放送を流すという。

 赤松会長は昨年の「プレミアムサマーバザール」キャンペーンを振り返り、「台風が直撃した地域もあったが、それ以外の地域では効果があったと聞いている。今後の課題はお客さまにどれだけキャンペーンを知っていただくか。吉本坂46の皆さんや経済産業省の後押しも受け、キャンペーンを国民的な行事にしていきたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら