ファッション

資生堂「HAKU」から美白ケアできるファンデーション誕生

 資生堂は3月21日、14年連続美白美容液売り上げNo.1ブランド「HAKU」から初のメイクアイテムとなるファンデーション「薬用 美白美容液ファンデ」を発売する。美白有効成分を配合し、日中もメイクしながら美白ケアができるアイテムだ。

 同社の調べによると、女性の多くが「日中にシミが悪化すると思う」と感じている一方で、日中の美白ケアはファンデーションやコンシーラーで“守る・隠す”のみにとどまり、夜に紫外線ダメージの美白ケアをしていることが分かった。そこで、“守る・隠す”しかできないと思われている日中特有の肌環境に着目し、美白ケアもできるファンデーション兼美容液を開発した。

 医薬部外品の「薬用 美白美容液ファンデ」は、オークル10、オークル20、オークル30、ピンクオークル10の4種をそろえ、SPF30・PA+++。気になるシミをカバーしながら明るく透明感のある肌に仕上がる。販売チャネルは資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」の他、ドラッグストア、GMS、化粧品専門店など約1万7000店。ブランドモデルには、引き続き女優の木村文乃を起用する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら