フォーカス

BTSやBLACKPINKのスタイリスト、キム・ジヘのポップアップが銀座で開催 コレクションやスタイリングについて語る

 防弾少年団(BTS)やBLACKPINK、TWICEをはじめとするK-POPアイドルの他、コ・ジュンヒ(Koh Joon Hee)、ハン・イェスル(Han Ye Seul)、ジェシカ(Jessica)、イ・ジュヨン(Lee Joo Yeon)など多くの韓国セレブリティーのスタイリングを担当するカリスマスタイリストのキム・ジヘ(Kim Ji Hye)。彼女がスタイリングをするとその人が必ずブレイクすると言われるほどの影響力の持ち主で、芸能人から“先生”と呼ばれる彼女が手掛けるブランド「インスタントファンク(INSTANTFUNK)」が2月24日までギンザ シックス(GINZA SIX)でポップアップイベントを開催中だ。それに合わせて来日したキム=デザイナーにブランドのコンセプトやスタイリストの仕事について聞いた。

WWD:「インスタントファンク」のコンセプトは?

キム・ジヘ(以下、キム):入れ替わりが激しく、速いペースで流れる現代社会の意味を込めた“INSTANT(インスタント)”と、1970〜80年代に流行ったファンク音楽の“FUNK(ファンク)”を掛け合わせたのが「インスタントファンク」。私はロンドンの音楽やファッションといったカルチャーが好きなので、洋服のテイストはロンドンのビンテージっぽいものを取り入れながら、今の時代に合わせたモダンな要素をミックスしています。スタイリングの仕事も、常にロンドンベースのファッションを取り入れていますね。

WWD:ブランドを立ち上げたきっかけは?

キム:私の本業はスタイリスト。さまざまなブランドと出合い、洋服を見てきて、「ディテールがもっとこうだったらいいのに」「シルエットがオーバーサイズだったらすてきなのに」など、市場に出ている服に違和感を感じることが多くありました。そういう思いが増える中で、自分で服を作った方が満足いく服に出合えると思ったのがきっかけでブランドをスタートしました。

WWD:2018-19年秋冬のコンセプトは?

キム:クリエイションの中心には必ずロンドンのカルチャーがあります。今季は、そんなロンドンから車で約2時間離れたマーゲートという町がテーマ。マーゲートは現地の人が集う町で、観光地としてはあまり栄えていません。だからこそイギリスのカルチャーが色濃く出ているところでもあり、大きなインスピレーションを受けました。また、ビーチがある町なのですが、ロンドンで海を思い浮かべる人はあまりいないと思います。秋冬なのにビーチがある土地からインスパイアされるのも面白いのではと思い、マーゲートをテーマにしました。

WWD:スタイリストになったきっかけは?

キム:昔から人形に洋服を着せることが好きで、自然とスタイリストの道を選びました。純粋にファッションが好きなので、スタイリングはお遊びの延長上にあるといっても言い過ぎではないかもしれません(笑)。

WWD:スタイリングの仕事内容は?

キム:芸能人の専属スタイリストとして活動することが多いです。特に女優が多く、コ・ジュンヒやハン・イェスル、ジェシカ、イ・ジュヨンの専属としてスタイリングさせていただいています。彼女たちがテレビや雑誌に登場するときは私が洋服を選んでいます。

WWD:K-POPアイドルのスタイリングも多い。K-POPは音楽だけでなく、ファッションやメイクも世界中で人気だが、アイドルをスタイリングするときにこだわっていることは?

キム:アイドルは韓国でも日本でもステージに立つ人たちなので、カリスマ性を出すようなスタイリングを意識しています。K-POPアイドルは普段は着られないけど、ステージ上で彼らが輝くような洋服を着せています。日本のアイドルはキュートなコーディネートが多い印象ですが、私はかっこよく、カリスマ性が出るようにシックなものを選ぶことが多いです。