ファッション

「プルミエール・ヴィジョン」がスポーツ特化型素材見本市を開催 スポーツウエアのシリコンバレー、ポートランドで

 世界最高峰のパリのファッション素材見本市「プルミエール・ヴィジョン(PREMIERE VISION、以下PV)」は米アメリカン・イベント社(AMERICAN EVENTS INC.)と協業で「PVスポーツ・ショー」を企画し、8月14~15日にポートランドで初開催する。
 
 PVは18年9月に「スポーツ&テック」エリアを設け、スポーツウエアの強化を推進している。その理由をパルカリーヌ・ウィルヘルム(Pascaline Wilhelm)=ファッション・ディレクターは「現在のファッションはスポーツウエアに大きく影響を受けている。また、イノベーションの原動力になっているのはスポーツウエアで新素材はそこから生まれることが多い」と説明した。

 ユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor International)の調査によるとスポーツウエア市場は成長を続けており、16年の市場規模は2800億ドル(約30兆5200億円)に達した。その37%の1030億ドル(約11兆2270億円)をアメリカブランドが占める。

 アメリカン・イベント社は、米国で年4回、スポーツウエアとフットウエアの最新スタイルやテクノロジーを紹介するイベント「ザ・マテリアルズ・ショー(THE MATERIALS SHOW)」を運営するイベント会社。

 ポートランドは、「ナイキ(NIKE)」「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」「コロンビア スポーツウエア(COLOMBIA SPORTS WEAR)」の本社などのハブになっており、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の本社が近いサンフランシスコまで飛行機で約2時間の位置にある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。