ファッション

熊谷隆志の「ウィンダンシー」が移転リニューアル 限定&コラボアイテムそろうミニマルな空間

 スタイリストの熊谷隆志がディレクションする「ウィンダンシー(WIND AND SEA)」は12月22日、東京・駒沢に構えていた店舗を中目黒にある熊谷本人のスタジオに移転オープンする。約73平方メートルの新店舗は、白を基調としたミニマルな空間だ。以前置いていたビンテージアイテムなどは置かず、「ウィンダンシー」の商品のみを置く。

 オープン日には、せーのが手掛ける「#FR2(エフアールツー)」とコラボレーションしたアイテムと、開店記念の店舗限定アイテムのみを置く。オープン前日に行われた内覧会で熊谷隆志は「新店では『ウィンダンシー』に集中する。そのこけら落としが『#FR2』とのコラボだ。『#FR2』を手掛ける石川涼せーの社長とは普段から交流もあり、今後アジアのファンを増やしたいと思っている『ウィンダンシー』にとって、アジアでも人気の『#FR2』とのコラボは必至だった」と語る。内覧会に居合わせた石川涼せーの社長は「コラボアイテムはブランド名の “SEA”を“SHE”にしたりとパロディーが中心」と説明する。新商品は今後、不定期に発売する他、毎月さまざまなブランドとのコラボ商品を販売していく予定だ。新作は、「ウィンダンシー」のインスタグラムアカウントで随時発表する。

 「新店舗は服が目立ちやすいよう、できるだけシンプルな空間にした。スペースは什器など自由に移動できるようにしたので、写真展などさまざまなことにも使っていきたい」と熊谷ディレクター。ブランドの今後については「現状は日本の他、台湾や香港で少しずつ認知が広がってきているが、これからはもっとアジアを巻き込んでいきたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら