ファッション

ラグジュアリー出身のスタイリストがパーソナルコーディネートサービスを開始

 コーディネートグループのキルフク(東京、戸谷琢磨・代表)は、パーソナルコーディネートサービス「キルフク(kirufuku)」をローンチした。12月7日にサービスを開始する。

 キルフクは「バーバリー(BURBERRY)」などのラグジュアリーブランド出身のスタイリストらによるコーディネートグループ。キルフクのスタイリストが利用者のショッピングに同伴し、マンツーマンでコーディネートを提案する。

 提供するサービスは、1日分のトータルコーディネートを約2時間で提案する“明日が変わるコーディネート”(2万1800円、税込)、1週間分のコーディネートを提案する“日常が変わるコーディネート”(4万9800円、同)、私服や仕事着、髪型まで全てのコーディネートを提案する“人生が変わるコーディネート”(8万9800円、同)の3種類。対応エリアは東京23区(“人生が変わるコーディネート”は渋谷、原宿、表参道、青山のみ)で、公式オンラインサイトから予約を受け付ける。

 サービス開始を記念して、ツイッターやインスタグラムなどのSNSのフォロワー数を税抜き価格から値引きする“フォロワー割”を実施する。サービスの体験談をSNSに投稿することを条件に、“明日が変わるコーディネート”と“日常が変わるコーディネート”の2つのサービスで適用する。同伴のスタイリストは「マルニ(MARNI)」出身の戸谷キルフク代表が担当する。また、“明日が変わるコーディネート”を1万9800円(税込)で提供するキャンペーンも行う。キャンペーンの併用は不可で、それぞれ2月末まで。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら