ファッション

1992年発売の“ポロ スタジアム コレクション”が冬仕様にアップデート

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は12月6日、“ポロ ウィンター スタジアム(POLO WINTER STADIUM)”コレクションを発売する。1992年に発売したスポーツライン“ポロ スタジアム コレクション(POLO STADIUM COLLECTION)”を、冬らしい素材と現代的なテイストに落とし込んだコレクションとなる。

 “ポロ スタジアム コレクション”は、1992年開催のバルセロナオリンピックのために製作したスポーツライン。アスリートの精神を称えてデザインした、赤、白、青の星条旗カラーと、翼と足を組み合わせた“Pウィング” がアイコンとして人気だった。

 今回は、レーシングウエアをモチーフにした赤と白のカラーリングや“Pウィング”を採用した。アイテムはフーデッドコート(10万9000円)、ダウンジャケット(9万9000円)、フリースベスト(2万9000円)、タートルネックセーター(4万5000円)、パイロットキャップ(3万8000円)、バックパック(3万2000円)、シューズ(2万5000円)などをそろえる。「ポロ ラルフ ローレン」直営店をはじめ、ビームス(BEAMS)原宿店、アトモス(ATMOS)新宿店、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)などで取り扱う。ゾゾタウンでは12月中旬から販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら