ファッション

「#FR2」のせーのがナナメ上から仕掛けるeスポーツブランド「ラムネジャンキー」

有料会員限定記事

 「#FR2」などを手掛けるせーのが、ユニークな視点でeスポーツを捉えたブランド「ラムネジャンキー(RAMUNE JUNKIE)」を立ち上げる。ブランド名は、勝ちにこだわるeスポーツプレイヤーたちが常習的に好む“魔剤”に由来。この魔剤とはラムネ菓子とエナジードリンクのこと。ラムネでブドウ糖をとり、エナジードリンクで脳を覚醒させる――そんなeスポーツプレーヤー独自のカルチャーに面白みを感じて命名した。(この記事はWWDJAPAN2021年6月7日号からの抜粋に加筆をしています)

 せーのの石川涼社長は「eスポーツが世界的に盛り上がっているが、みんな(業界人)がやっているようなただTシャツを作って売るだけなら誰でもできるし、何も面白くない。“クール”にするのは全然興味ない。俺たちはその中に足りないものを提案する」という。コレクションの一番の推しは、腕の動きを滑らかにして、ゲームのパフォーマンスを向上させるアームサポーター“エイムカバー”だ。FPS(ファーストパーソン・シューティングゲームの略)などのシューティングゲームで“照準を合わせる=エイム”からそう呼ばれるもので、eスポーツプレーヤーに愛用されている。プレーヤーの動画配信では手元の動きが非常に重要で、カメラで上半身と手元を抜くことが多い。基本的に手元は常に画面に映った状態だ。そこに目を付け、“エイムカバー”には「ALWAYS GAMER'S THUMB(いつも腱鞘炎)」とシャレの利いた言葉をプリントした。

この続きを読むには…
残り813⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。