ファッション

お正月にぴったり! 「ボタニスト」カフェの限定ビーガンスイーツ

 東京・原宿にあるボタニカルヘアケアブランド「ボタニスト(BOTANIST)」の旗艦店「ボタニスト トウキョウ(BOTANIST Tokyo)」は、2階カフェで新春限定のスイーツ3品を提供する。期間は2019年1月2日から31日まで。牛乳や卵、はちみつなど、動物由来の食材を一切使用していないビーガン対応となる。

 限定メニューは正月らしい和のデザイン。抹茶の苦味と黒蜜のほどよい甘さが絡み合う「うりぼうの抹茶黒蜜ティラミス」(602円)は、2019年の干支である亥(いのしし)を抹茶でデザイン。コーヒーを染み込ませたバゲットとマスカルポーネ風クリームによる「だるまさんのラズベリーティラミス」(602円)は縁起の良いだるまを描いている。

 「白玉とわらび餅の迎春おしるこ」(695円)は、白玉とわらび餅の食感と優しい甘さが特徴的なメニュー。白いんげん豆の餡を植物由来の食紅でピンク色に仕上げており、白玉とのコントラストで正月ムードを盛り上げる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら