ファッション

「バーニーズ ニューヨーク」が今年も国際女性デーをPR 映画「キャプテン・マーベル」とのコラボアイテムも企画

 「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」は、女優のブリー・ラーソン(Brie Larson)が主演を務める女性ヒーロー映画「キャプテン・マーベル(CAPTAIN MARVEL)」(3月15日公開)とのコラボアイテムを3月8日に発売する。3月8日のINTERNATIONAL WOMEN'S DAY(国際女性デー、以下IWD)に合わせた共同企画で、コラボアイテムの詳細は今後、発表する。またSNSではIWDの認知拡大を目指した拡散キャンペーンも行う。

 IWDは、1904年3月8日に米ニューヨークで婦人参政権を求めて女性たちが起こしたデモをきっかけにして定められた、“女性の政治的自由と平等のために戦う”記念日。単に女性の地位向上や男女平等をうたうのではなく、女性の労働力の躍進や社会進出によって男性も含めたワークライフバランスを見直し、全ての人が暮らしやすい社会の実現を訴求するというものだ。

 「バーニーズ ニューヨーク」はファッション業界が良きロールモデルになると考え、2017年からIWDに合わせたキャンペーンを実施。18年は“前進する”をコンセプトに女性社員から募った楽曲を各店ウィメンズフロアのBGMとして流した他、IWDをイメージしたオリジナルステッカーを配布した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら