ファッション

19-20年秋冬ロンドンメンズのスケジュール発表 注目すべき4ブランドはココ

 2019年1月5〜7日に開催する2019-20年秋冬ロンドン・メンズ・コレクションのスケジュールが発表された。前シーズンはイタリア・フィレンツェのピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)でショーを行った「クレイグ グリーン(CRAIG GREEN)」が復帰する。引き続き若手主体のラインアップとなる中から、注目の4ブランドを紹介する。

1月5日(土)
■「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」
 ロンドンでは5シーズン目のランウエイショー。存在感は増しつつあるものの、実は毎回何かしらのトラブルに見舞われている。ショー開始時間に環境保護を訴える全裸の自転車集団が会場付近を通過して道路が渋滞したり、プロダクションがフィナーレを勝手に変更して不思議な間ができてしまったりと、なぜか運が悪い。ただ逆境に負けず、笑い飛してしまうぐらいのたくましさが「ジョン ローレンス サリバン」にはある。次こそ何事もなくショーが終わりますように。

1月6日(月)
■「オマール アフリーディ(OMAR AFRIDI)」
 ブランド名を「レオン バラ(LEON BARA)」から創業者オマール・アフリーディの名に変更し、19-20年秋冬シーズンからリブランディングする。デザインを手がけるのは日本人の市森天颯(はやて)。24歳ながら安定したデザイン感覚を持ち、機能性を考慮したモダンなウエアを得意とする。再始動によって念願の日本市場開拓を果たせるか。

1月7日(火)
■「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」
 井野将之の「ダブレット(DOUBLET)」と「LVMHヤング ファッション プライズ(以下、LVMHプライズ)」グランプリの座を最後まで競った1人。2019-20年秋冬シーズンはパリでのプレゼンテーションに加え、ロンドンで3ブランドによる合同イベントに参加し、ショートフィルムを披露する。「LVMHプライズ」は逃したものの、その後フランス国立モード芸術開発協会が主催する2018年度「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award)のクリエイティブ・レーベル・プライズに選出され、約1300万円の賞金を獲得。仕事場も自宅から新たに設けたアトリエに移し、盤石の状態で挑む初のシーズンとなる。秋冬でも肌見せ全開のセクシーなクリエイションに注目。

■「パリア / ファルザネ(PARIA / FARZANEH)」
 イラク生まれの24歳、パリア・ファルザネが手掛ける新進気鋭ブランド。17年にブランドを立ち上げたばかりだが、ルーツであるイラクから着想したペーズリー柄や肉厚のオリジナルテキスタイルといった中東ムードを、モダンなストリートウエアに軽やかに落とし込む。2019年春夏シーズンからは日本の有力セレクトショップ数店でも取り扱いを開始する予定で、早くも注目が集まる。ロンドンメンズをけん引するスター性を秘めたデザイナーの1人だ。デザインのバリエーションを増やせるかが成長へのカギ。

【スケジュール】(日時はすべて現地時間。変更の場合あり)
※◎はプレゼンテーション形式で発表。
1月5日(土)
9:00 「アート スクール(ART SCHOOL)」
10:00 「プロナウンス(PRONOUNCE)」
11:00 「ボビー アブリー(BOBBY ABLEY)」
13:00 「イートウツ(E.TAUTZ)」
13:30 「バンド オブ アウトサイダーズ(BAND OF OUTSIDERS)」◎
14:30 「ウッド ウッド(WOOD WOOD )」◎
15:00 「エドワード クラッチリー(EDWARD CRUTCHLEY)」
16:00 「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」
17:00 「アイスバーグ(ICEBERG)」
17:30 「ニコラス デイリー(NICHOLAS DALEY)」◎
18:00 「カシミ(QASIMI)」
19:00 「リアム ホッジス(LIAM HODGES)」
20:00 「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」

1月6日(日)
9:30 「ケント・アンド・カーウェン(KENT & CURWEN )」◎
9:30 「オマール アフリーディ(OMAR AFRIDI)」◎
10:00 「C2H4」
11:00 「プライベート ポリシー(PRIVATE POLICY)」
11:30 「ジョーダンルカ(JORDANLUCA)」◎
12:00 「チャラヤン(CHALAYAN)」
12:30 「スタジオ アルケ(STUDIO ALCH)」◎
13:00 「パー ギョーテソン(PER GÖTESSON)」
13:30 「ミチココシノ(MICHIKO KOSHINO)」◎
14:00 「ザンダー ゾウ(XANDER ZHOU)」
15:00 「アレックス ムリンズ(ALEX MULLINS )」
15:30 「ダンシャン(DANSHAN)」◎
16:00 「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」
17:00 「レイバーン(RAEBURN)」
18:00 「アストリッド アンデルセン(ASTRID ANDERSEN)」
19:00 「ファッション イースト(FASHION EAST)」
20:00 「コットワイラー(COTTWEILER)」

1月7日(月)
10:00 「クレイグ グリーン(CRAIG GREEN)」
10:30 「ビアンカ サンダース(BIANCA SAUNDERS)」「ボラミー ビジュアー(BORAMY VIGUIER)」「ルドヴィック・デ・サン・サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」
11:30 「バブアー(BARBOUR)」◎
12:00 「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」
12:30 「べサニー ウィリアムズ(BETHANY WILLIAMS)」◎
13:00 「オリバー スペンサー(OLIVER SPENCER)」
13:30 「ベルスタッフ(BELSTAFF)」
14:00 「パリア / ファルザネ(PARIA / FARZANEH)」
15:00 「フェン チェン ワン(FENG CHEN WANG)」
15:30 「デラダ(DELADA)」

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら