ファッション

「フェンディ」が5人のアーティストとコラボした“デザイナーズ ピーカブー”を披露

 「フェンディ(FENDI)」はアイコンバッグ“ピーカブー(PEEKABOO)”誕生10周年を記念したプロジェクトとして、5人のアーティストとコラボした“デザイナーズ ピーカブー”を発表する。

 同プロジェクトはデザインとアートの祭典「デザイン・マイアミ(DESIGN MIAMI)」の10周年を祝う、オランダ人アーティストのサビネ・マルセリス(Sabine Marcelis)の「シェイプス オブ ウォーター(SHAPES OF WATER)」プロジェクトに連動している。真っ白なキャンバス地の“ピーカブー”に各国から選ばれた5人のアーティストが自由にカスタマイズを施した。

 同プロジェクトに参加したのは、前述のマルセリスの他、日本人の小川貴一郎、アメリカ人のクリス・ウォルストン(Chris Wolston)、中国人のオスカー・ワン(Oscar Wang)、韓国人のテオ・ヤン(Teo Yang)。5人がカスタマイズしたバッグは、「デザイン・マイアミ2018」開催前日の12月5日にマイアミ・デザイン地区にある「フェンディ」旗艦店で披露され、19年から世界各国で順次お披露目される予定だ。また、シルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)=クリエイティブ・ディレクターが本プロジェクトの開催を記念してデザインした特別な‟ピーカブー”も同店で限定販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら