ファッション

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ2019」 会場限定の“チョコホットドッグ”も

 三越伊勢丹は2019年1月23〜29日に、毎年恒例となっているパリ発のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019」を新宿NSビル地階のイベントホールで開催する。東京会場は時間指定のチケット入場となっており、1月6日11時にチケットを発売する。料金は600円。

 今年は“ショコラは自然の贈り物”をテーマに、素材を生かしたチョコレートが並ぶ。イスラエルの「イカ チョコレート(IKA CHOCOLATE)」やフランスの「ショコ・オ・キャレ(CHOCO2)」、スイス「ミスターアンドミセスルヌー(MR & MS RENOU)」など新規で20ブランド、再登場の8ブランドを含めた112ブランド(予定)が出店する。

 開催テーマに合わせて出店ブランドから特別なチョコレートを集める「セレクションボックス」も発売する。「セレクションボックス ナチュール」ボックスでは作り手が惚れ込んだ素材をキーワードに、16ブランドのチョコを詰め込む。「セレクションボックス フルーツ」「セレクションボックス 発酵」もラインアップした。

 また、会場限定の飲食メニューは昨年の30からパワーアップし、60以上のメニューを用意する。「ナオミ ミズノ(NAOMI MIZUNO)」のアシェットデセール(皿盛デザート)や「ビストロマルクス(BISTRO MARX)」の2種のパフェなどのデザートから、新たにチョコレートを使用した料理メニューも展開する。デンマークの「ジョンズホットドッグデリ × フリスホルム(JOHNS HOTDOG DELI x FRIIS HOLM)」はホットドッグにチョコレートをトッピングしたユニークな一品を。太田哲雄シェフは「牛ほほ肉のチョコレート煮込み」などを提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら