ファッション

荒岡眼鏡のカフェがオリジナルサワーを発売 「レディ・キラー」の現代版とは?

 眼鏡専門店のブリンク外苑前とブリンク ベースを運営する荒岡眼鏡が今年2月、東京・御徒町にオープンしたカフェ「ルッテン_(RUTTEN)」が、オリジナルサワー“レディ・キラーと呼ばないで!”を披露するイベント「サワー天国 vol.2~レディ・キラーと呼ばないで!~」を11月30日から12月28日に開催する。

 “レディ・キラーと呼ばないで!”は、“昭和通り編”(610円)と“蔵前橋通り編”(610円)の2種類で、80年代を代表するカクテル「レディ・キラー」にサワーをアレンジし、当時を彷彿させながらも現代的な一杯に仕上げたという。

 また期間中、同イベントのメーンビジュアルを使用したスエット(6000円)、コーチジャケット(9000円)、ジェットキャップ(4000円)、ボールペン(250円)、缶バッジ(250円)などオリジナルグッズも発売予定。メーンビジュアルのイラストは、ブリンクに勤務しながらイラストレーターとしても活動をしているナガオ マイが担当した。

■サワー天国 vol.2~レディ・キラーと呼ばないで!~
日程:11月30日~12月28日
時間:11:00~22:00(LO21:30)
定休日:第1・3・5土曜日、毎週日曜日
場所:ルッテン_
住所:東京都台東区上野5-5-10 1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら